2016年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Toggle

施設づくり

なぜあなたの事業所の稼働率が低迷しているのか?

こんにちは。
地域1番づくりコンサルタント、鯨岡です。

 

突然ですが、
あなたのデイケアやデイサービスの稼働率は今どうでしょうか?


何年もの課題かもしれませんが、

「利用者さんが集まらなくて・・」
という声をよく聞きます。

6321527653_23dfb6130e_b

そこで、理由をおうかがいすると、

「いやぁ、利用者さんのドタキャンが多いんですよね~」

「近隣に結構デイが出来てきましたからね・・」

「どういう訳か問い合わせが無いんですよね~」

「うちにウリが無いからですかね??」

このようなことをおっしゃる訳です。

で、万年稼働率低迷しているのです。

 

一つ、驚きの事実をお伝えしますね。

 

本気で稼働率を上げようなんて思ってませんよね?

 

「えっ?!
クジラオカさん、何おっしゃるんですか!
そんな訳ないでしょ!こっちだって頑張ってるんですよ!!」

そんな声が聞こえてきそうです。

 

これはですね、ある種のトラップだと思うのですが、

現場スタッフは、今のある程度利用者さんが少ない状況での仕事に、
ある意味慣れてしまってますよね?

つまり、決して多くない人員で余裕のある介護が何とか行えている、と。


そこで、現場スタッフとしては、

それ以上利用者さんが増えると、仕事がタイトになり、大変になる。
定員フルでなんてとんでもない!

だから、稼働率が低くて、現場スタッフとしては都合がいいんですね。


だって、稼働率が低くても、お給料は変わらずもらえますから

だもの、利用者さんが少なかったり、キャンセルは大歓迎ですよね。

 

つまり、結論を言うと、
潜在的には、利用者さんが増えてほしいなんて思ってないんです。

そう願ってるんだから、増える訳ありません・・涙

 

これが、経営者と現場スタッフとの思いのギャップです。

 

でも、このままではさすがにマズイですよね。

何とかしなくてはいけません。

 

まずは、この前提からの打開策を必死に考えてみて下さい。

どうしても分からない、という場合は、
少しご相談に乗ることもできます。

info@medicaresolution.jp

 

それでは、また。

ー鯨岡 栄一郎

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top