2017年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Toggle

リーダーシップ

リーダーの重要な役目ー「いちいち言う力」

先日もある女性理学療法士と定期のコーチングセッションを行っていた。


そこで話題になったのが、いかに主任という立場で、部下たちに気づいてもらうための声かけをするか、ということ。

これ、実は結構結構リーダーの根幹をなす動き方の一つなのだ。

 

皆の一挙手一投足に目配りをし、例えば、思うような動き方をしていない。以前にも言ったはずなのに、やってない。

これを見過ごさない、ということ。

 

これをどのように伝えたら、皆に、そして肝心の人に伝わるか?

朝礼で全体に言ったらいいのか? 個別で呼び出して、端的に伝えるか?

 

何回も言ってるのに、修正されない場合は?

何度も根気強く言うのか? 少し強めに指摘するか? 怒って、半ば命令するのか??

 

昨今、感度の鈍い新人さんもいたりして、どこの職場でも苦労されていることが多いのかもしれない。

こんな時、私だったら、「〇〇〇の件て、どうした?」「結構〆切過ぎちゃってるんだけど、何かあった?」「多分何度か言われてると思うんだけど、何か理由あんのかい?」とその背景に切り込む。

相手にどんな思いがあって、そうなってるのか。きっと何かがあるのかもしれないし、本当に何もないのかもしれない笑

 

このクライアント様に実践内容を聞くと、今のところ非常に的確な関わり方をしているものの、まだ決定打までには至ってない、と。

 

例えば、「このちょっとした準備作業、以前のチームであれば、気づいた人がやってたんだけど、この新しいチームでは誰もやろうとしないなぁ・・」こんな時、みんな気づいてるかもしれない。でもそれは、「何となく」の世界の中で、何となく誰か任せになってる状態。

それは、まだリーダーの求めてることが伝わってないから

ホントに、言わなきゃ皆んな分からないの。

 

リーダーの動き方で最も良くないのが、一応気づいてはいるんだけど、もう言うことを諦めてしまうこと。きっと気づくだろうと思ってしまうこと。

きっと、言いづらいこともあると思うし、言うのはエネルギーもいるし、できれば黙って済ませられれば、と思うんだ。


しかし、だんまりが最も良くない。絶えず絶えず思っていることを発信すること。してほしいことを率直にリクエストすること。

 


このクライアント様も終盤、「そっか、思ったことをそのままフツーに呼びかけたら良いんですね!」という結論に達したが、この一見当たり前のことが、実はなかなか大変なこと。

 

ぜひこの気づいたことを「いちいち言う力」、現場実践を通じて、鍛えてみてほしい。

 

 

 

【すでに105人の方がダウンロード!】
6月11日、『リアル臨床東海』にて私が発表しました「動作の思い込みを変換するコーチング介入」
この動画、音声、資料の各データが無料でダウンロードすることが出来ます。
せっかくのチャンスですから、ぜひ!
http://medicaresolution.info/neo/usrctrl.php?mag_id=9

 

 

 

 

 

Return Top