2017年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Toggle

セミナー

病院リハビテーション部 管理職研修会 超リーダーシップ・コーチング講座

昨日、茨城西南医療センター病院 リハビリテーション部にて、管理職研修を行ってまいりました。

「超リーダーシップ・コーチング講座」と題し、午後一杯を使い、リーダーが大切にすべき姿勢と相手と効果的に信頼関係を築き、動機づけるスキルをお伝えしました。

 

これからの時代、さらに求められる能力、、

それは、「人を動かす、人を行動させる」能力です。

それをつまり「リーダーシップ」と言い換えても良いでしょう。

 

それは決して相手を操作する、というのとは違います。

相手が自ら喜んで動く状態をつくる。そんな雰囲気づくりができる。

相手の感情レベルにアプローチできる能力です。

それはある種特殊能力ですね 笑

 

・「リーダーシップがある人は〇〇する能力がある」

・人に与える影響,組織感情とは

・模範的リーダーの5つの行動指針

・相手の世界観を理解するために着目すべきポイント

・人が動くのには必ず理由がある!

・コーチング VS アドバイス

・Think & Listen

・現場でよくある困った事例で、あなたはどうコーチするか?

・相手を動機づける声かけ

・相手を動かすリクエスト

・とらえ方を徹底的に変える

このような内容についてレクチャーしてまいりました。

 

今回も事前資料はありながらも、ほとんどその流れを無視する形で笑、かなり実際のワークを繰り返し行い、またデモンストレーションも見せながら進行しました。

皆さんの抱えている課題を使いながら、かなり実際的な、そして解決の方向にその場で向かう内容だったのでは、と思います。


自分自身のプレゼンスタイルというか、今後は資料も今の3分の1程度にし、フリーに展開していく形になるかもしれないな、という感覚もつかみました。

 

スタッフさんの中で、私が3年前に作成して中々のヒットだったメールセミナー「超リーダーシップ養成塾」を購読して以来、熱狂的ファン(笑)だという方や、ずっとセミナーに行きたいと思っていて、自分の病院に来ると知って、本当に驚いたという方笑、皆さんに喜んでいただけたようで、本当に良かったです。

 


今回は事前の準備、当日~懇親会まで関わらせてもらう中で、長の姿勢が、こうやって大所帯のチームの雰囲気をポジティビティ高く、良いものにしていくのだな、とまざまざと実感した。決して自分が引っ張る、という強引さを見せなくても、自然とサポートし合う流れになっていく、という。これがまさにリーダーの姿なんだろうな。

今後こちらでもまたお手伝いする機会がありそう。まずはこのような場を作って下さり、また熱心に参加して下さり、心より尊敬と感謝をいたします。ありがとうございました!

 

 

院内研修、管理職研修会に関するお問い合わせはこちらまで↓
info@medicaresolution.jp

 

 

 

 

Return Top