2018年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Toggle

コーチング

「私のやりたいことって何だろうか??」


よくこんなことが話題にのぼる。

「自分が本当にやりたいことって何だろう?」「私は何がしたいんだろう?」と。


最近、というか随分前からだが、「やりたいことを仕事にして生きていこう」的なメッセージがだいぶ流行り、多くの人が飛びついた。結果、多くの人たちが自分探しの旅に出てったきり、戻ってこなくなった。もしくは、より迷宮に入ってしまった笑

確かにコーチングセッションでもこういったテーマを扱うには扱うが、まともにやるのは初心者かもしれない。

まぁいくらあちこちセミナー受け行ったり、講演会聞きに足繁く通っても、まず自分なんてものは見つからないでしょうね笑

 

なぜなら、やりたいことを仕事レベルにまでしている人というのは、それこそ1万時間ではないが、相当やり込んだ末の、今の状態であるからだ。

まずやりたいことを見つける→それを熟達し、生業レベルにまでにまでもっていく・・そこには死の谷ともいうべき溝が存在する。

 

そこで、私は常々思っていることは、これ↓

「私のしたいことって、何なんだろう・・・」これはいわゆる自分に投げかける質問なわけですが、「そうだ、これだ!」なんて答えが出るわけがないのです。

「私は何がしたいんだろう・・・」に至っては、絶対に分かりっこない笑 

だから、視点を自分目線から相手目線に変える必要がある。

 

そう、やりたいことだけで全てが構成される、なんてのはナンセンスだと思う。やりたいことをするために、そうでもない多くのことをせざるを得ない、なんてことはよくあることだ。

例えば、「ボクは独立して、大好きな治療をメインに、整体室を開くんだ!」と考える。確かにお客さんと1対1でやってる時は充実感を覚えるかもしれない。しかし、それをやるには、毎月あまり得意でないお金の計算をしなくてはいけない。借り入れや税金のことや、諸々届け出も考えないと。集客でチラシも配らないと。そのデザインも考えないと。寒い日でも朝でもそれを配りに行かないと。もっとインテリアも考えないと?掃除もマメにしないと。ブログも頻繁に書かないとだし、人脈も築かなきゃいけないし・・・・と、大好きなことをやるには、もっと多くのあまり得意でないことをしなくてはいけないのだ。この事実に、多くの人が愕然としたりする。

まさにそう。


私が今の考え方になったキッカケは、神田昌典さんの「非常識な成功法則【新装版】」に、「まずは死んでもやりたくないことをリストアップすれば、やりたいことがあぶり出されてくる」みたいな一節があって、まさに「これだけは絶対にやりたくないこと」を明確にすることで、逆算的に自分が本当にやりたい方向性というものが見えてくるものなのだ。

自分がやりたいかどうかって、実はすごく浅い見方であって、当初は気が進まなく、やらざるを得なくてやってたら、今やそれがライフワークになってる、なんてことはよくある。

現に私も、「これがやりたいんだ!」もあるにはあるが、むしろ「これだけは絶対にイヤだ!」「こんなのはもう耐えられない!」「こんなことは自分じゃない!」そんな思いが、会社設立という方向性に進ませた経緯がある。それは自分の選択であって、そこに進んだのであれば、そこにまつわる諸々の不得手なこととかは当然喜んでやるよね、という感じだ。で、それを実際に取り組んでみると、意外な面白さを発見したり、新しい世界を発見したりするものなのだ。


最近だと、中学校のPTA副会長をやらせて頂いたりしている。元々、子どもが小学校の時から、奉仕作業とか色々な行事にだいたい参加してはいたが、これって、元来の自分のキャラからすると、対極にある物ごとなのだ笑 で、今も別に率先してやりたいことではないが、やってみると悪くはない、やる人がいないのであれば、やりますよ、それぐらいなものだ。

 

あとはそれに関連して、自分がやりたいかどうかなんてのはあまりどうでも良くて、「自分はどんな価値、ニーズを大事にしているのか?」大きくそこに紐づけることによって、何か生き方レベルでの方向性が見えてくるはずだ。

きっとその繰り返しで、ようやく「あぁ、これがやりたいのかもなぁ…」そんなことが感じられるようになるのかもしれない。

 

くれぐれも、セミナーや講演会に通い詰めても、そんなのは見つかりっこない。余計迷子になるだけ。安易な気持ちでの自分探しはもうお終いにしよう!

 

 

 

公式LINE@、配信中です。あと7名で登録者200名!週一で限定メッセージが届きますので、ぜひご登録お願いいたします!↓

友だち追加

 

 

Return Top