2018年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Toggle

メッセージ

「専門職として影響を発揮するために大事なこと」


私はプロコーチとしての自負がありますが、
ちょっと想像してほしいんです。

 

目標達成をしたことがないコーチってどうでしょうか?

三日坊主なコーチはどうですか?笑

 

ちょっと信頼できないし、頼みたくないですよね?

当然です。

 

では、翻って、理学療法士や作業療法士はどうでしょう。

・肥満なPT

・糖尿病の療法士


・腰痛がちなOT


・やる気がなく暗い理学療法士


・食後に炭酸飲料とスナック菓子をむさぼる作業療法士

結構こういう方、いますよね?汗


でもなぜ、医療介護職だとこれが成立してしまうんでしょうか??

 

私たちの仕事は何か、と言ったときに、分かりやすく言うと、

「相手をやる気にさせ、健康とより快適な生活を届ける専門家」

だと思います。

 

なのに、自身がそれが出来てないのに、やれ目標が~とか、やれ運動が~なんて話しをする。

「患者の意欲が~」なんてことも言う。

 

これ、全て身体からにじみ出る影響なんですよ。


「プレゼンス」
という言葉でも言い換えられます。


それが無意識に相手に伝わってしまうんです。

 

「言行一致」という言葉があります。

 

もちろん、私だって完璧ではありません。

ですが、例えば、

・食べ物を意識する

・上階まで階段を使って上がる


・体重をチェックする


・短時間での運動を欠かさない


・自分自身が目標をもち、それを実行する

そんなことをやってます。

どれもちょっとしたことです。

でも、やってるからこそ、その大変さが分かるし、言うことにも説得力が生まれるのです。

「ああ、運動を続けるのって、大変ですよね。でも、こんな方法だと続けられますよ」と。

 


ぜひ、人にあれこれ言う前に、
まずは自分にセラピー、自分にコーチしてみてください

 

相手に与える影響が各段に変わってくるはずです。

 

Medical team at the hospital looking very happy

 

ご意見・ご感想はこちらまで
→info@medicaresolution.jp

 

ー鯨岡 栄一郎

 

 

P.S. 「モチベが上がる!」と評判の無料メールマガジンへのご登録はこちらからお願いいたします!
http://medicaresolution.info/neo/usrctrl.php?mag_id=2

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top