2019年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
Toggle

施設づくり

コンサルティング事例 その1「複合施設 なでしこ川俣 様」

施設概要

なでしこ川俣
―済生会を母体とする、1階「特別養護老人ホーム はなづか(29床)」、2階「介護老人保健施設 めがみ(29床)」「通所リハビリテーションめがみ(30名)」で構成される複合施設。

福島県伊達郡川俣町字五百田20-1

ご依頼の内容

ヒアリングにて、「開所以来、基盤を整える暇もなく、ここまできてしまった。教育部門として未熟であり、教育機能のノウハウがない。業務の片手間に取り組んでいるため、改革が思うように進んでいない。様々な取り組みをしているものの、成果に繋がっていない。特に介護職の離職率が高く、採用にも苦労している。スタッフの意識、セルフイメージを引き上げたい。ズバリ「強い施設づくり」をしたい!」このような声が聞かれた。

 

支援の形態

まず初回は、お試しでプレゼンテーションも兼ねた職員研修会を行った。

その後、この地域はもとより、福島県内で老健(高齢者)施設といえば、「なでしこ川俣」という存在にしよう!を合言葉に、正式に支援が始まった。


 

基本的には、

  • 毎月1回午後の訪問
  • 常時、幹部、教育委員会、通所リーダーとチャットワークでつながり、連携を取り合う
  • 訪問時は、「教育委員会との報告、戦略ミーティング」「管理職の勉強会」「通所部とのミーティング」「(必要があれば)個別面談」「各部署一般職へのその都度テーマにてレクチャー」を行っている。

常に新たなトピックを題材に、リーダーシップの向上(セルフイメージのアップ、スピード、基準を引き上げる)を目指し、絶えず関わった。また、その進捗状況や課題に合わせ、新たな取り組みや戦略のご提案、継続フォローアップを行った。


 

1年後の成果

目標:施設、個人のセルフイメージ向上と基礎体力づくりの1年→内外へのアピール

  1. 目標、スローガン策定
  2. 施設、各部署の強み発掘
  3. チャットワークの活用
  4. Twitter、Instagram立ち上げ、軌道に乗せる。ホームページの再活用
  5. リーダーシップ向上、常にスピードを意識
  6. 一般職のコミュニケーション力向上
  7. 褒める、感謝、ねぎらいの承認感を大事にした運営
  8. お客様の声ボード設置
  9. 職員の安定定着・確保に向けて
  10. 通所リハビリ稼働率アッププロジェクト
  11. 学会サポート→全国老健大会にて演題発表

 

このように、現在の進捗状況と理解度を確認しながら、次のステップに進めるよう、提案。絶えず、継続とスピードアップの意識づけ、そして、人を大事にする運営の何たるか、リーダーシップ、動機付けコミュニケーションに関するレクチャーを続け、特にリーダー陣の意識に変化が見られたことと、職員の自発的な動きが見られるようになった。


担当者の声

支援相談員 熊坂隆志 様

「集合研修での学び、SNS発信プロジェクト等から職員が施設の“良い点を探すように”なりました。
日々プラスを意識した活動を通して職員の笑顔も広がり、鯨岡さんと契約を開始してから現在まで8名の入職があり、退職はゼロとなっています。」

 

施設コンサルティングについてのお問い合わせはこちら




お名前 (必須)

職業 (必須)

居住県 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ種別 (必須)
パーソナル・コーチング,コンサルティング病院・施設・事業所様向けコーチング,コンサルティング

お問い合わせ内容 (必須)

送信内容を確認したらチェックして送信してください。

Return Top