2019年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
Toggle

メッセージ

集え!!!突き抜けたいメディカル達よ!


3月9日、東京で開催される「コミュニケーション語るナイト」まで、あと3週間を切った。


元号も変わるこの春、さらに突き抜けるきっかけがほしい、医療福祉関係者はぜひ集まってほしい。

 

さて、我われコミュセラ軍団では、また今回もそれぞれのショートセミナーの後、コミュセラジオの公開収録をやる予定。


前回11月に名古屋で開催したコミュセリアルでは、この時間がかなり白熱した。


で、最近この時のことを思い出してて、1つ気になった質問があったんだ。

それは、「ボクの友人たちに、現状に対して後ろ向きで、モチベーションが下がっている人がいる。なので、ボクら若手に向けた企画をぜひやってほしい」という要望のような内容。

 

それに対して、私の答えは、「YES」でありつつも、「NO」だった。


もちろん、そういった若手を動機づけるような場は今後も考えるし、他にも色々とあるだろう。そういった場や機会は、実はいくらでもあるのだ。

でも、これは長年やってきて思うことだが、じゃあ、そういう人たちは現状に悲観や不満ばかりで、例えばブログの一つでもやってみたのか? 自分の助けになるような本を漁ってみたのか? 情報を自分から取りに行ってみたのか? おそらく、やってないだろう。

そういう人たち向けに、って言うけども、肝心のその人たちのアンテナにはどういう訳か引っかからないんだよね(いや、そもそもアンテナが立ってないのか笑)

 

これは、拙著「療法士が変わる時に手にする本」でも書いたことだが、結構あるあるな話で。

「やって下さい、やって下さい」とは言うが、いざやっても、そう言う人には情報は全く見えないか、その時ちょうど良く都合が悪くなるか…笑

 

それがもう手に取るように分かるから、もう本当にご縁というか、タイミングよくこの情報を目にし、直観レベルで何かビビビと感じた方が参加して下さるのが、間違いないと思う。

現に、前回はそれによって、奇跡的な雰囲気が生まれた。

 

ぜひこちら↓の記事も読んでいただき、「うお!これは!!」と感じたら、きっと参加して損はない、いや基本、得しかないと思う笑

 

 

P.S.

しかもこの当日は、我われコミュセラ本のお披露目の日でもあるし、後半からはお酒や特製カレー(!)までご用意してますので。

逆に、来ない理由って、何!?笑

 

 

 

Return Top