2019年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Toggle

コーチング

理学療法士の臨床教育とコーチング

さる6/30、群馬県理学療法士協会 第29回臨床講習会にて講演させて頂く機会があった。

テーマは、「理学療法士の臨床教育とコーチング ―動機づけの技術」

若手からベテランまで、たくさんの会員の皆様が参加して下さった。

まず私がお伝えしたかったことは、「人をコーチする」ということはどういうことなのか?

ひと言でいえば、「相手の成功を真に願った、圧倒的応援」と私は考える。

例えば、あなたがもし部下からこんな相談を持ち掛けられたら、どうアプローチしていくだろうか?

「実は、これからの進路・キャリアの進め方に迷っています。在宅分野にも興味がありますし、大学院なんかも考えています…」

このよくありがちな相談に対して、どう受け答えし、対応していくか。


もし仮に、一般論や、分かりきったことを答えようものなら、もうアウト笑

今、若い世代では年上世代の助言に解決策を見出せなくなって、全くの第三者であるオンラインコーチに相談する、というパターンが増えているという(日経新聞より)

例えば、私だったら、こんな形でアプローチしていくかもしれない。

「へー、そうなんだ。迷ってるんだね?」
「でもすごいじゃない、そんなこと考えてるなんて」
と、今の状況を受け止める


「そもそも、どうしてそんなことを考えるようになったの?」
こう考えるに至った、動機を探る


「もしさ、今の状態がどうなったら、理想な訳?」
理想形、ビジョンを探る


「これをすることでさ、どんなことを手に入れたいんだろうね?」
本当は思っている、大事な価値観やニーズを引っ張り出す

こんなふうに切り出していくだろう。

このような相談に対して、直対応して、「じゃあ、近くにどんな学校があるか、探そう」「えっ、訪問とかしたいの?」「こうしたらいいじゃない?」など、一般的アドバイスも悪くはないが、それはあまりにフツー笑

そうは言ってるけど、もしかすると、別なところで迷ってるのかもしれない。

この子が真に求めてることって何なんだろう?

ひょっとして、全然別で、人間関係で悩んでいるのか?

隣の芝生が青くなっていて、単に話せばスッキリする、なんてこともあるかもしれない。

本当に、このようなちょっとした相談でも、このように切り口や考え方があるのだ。

たしかに、コーチングでは色んなスキルがある。


ただ、私はこの場では、

「もっとシンプルに、問いかけてみる! 励まし、応援する!」

ことをご提案した。


実は今回、会場が母校でして、何十年ぶりかでようやく帰ってこれた、という感じ笑

恩師とも再会でき、何とも誇らしいというか、心から嬉しくなった。

今後ますます、このような他者を動機づけ、導くスキルは重要になるだろう。

これからも、実践家として、より現場に即した技術・考え方を業界に広める活動を続けていきたい。

私も、恩師の先生も共著者として執筆している書籍です。コーチングのことについて解説しております↓

Return Top