//メールフォームの textarea にひらがなが無ければ送信できない(contact form7) add_filter('wpcf7_validate_textarea', 'wpcf7_validation_textarea_hiragana', 10, 2); add_filter('wpcf7_validate_textarea*', 'wpcf7_validation_textarea_hiragana', 10, 2); function wpcf7_validation_textarea_hiragana($result, $tag) { $name = $tag['name']; $value = (isset($_POST[$name])) ? (string) $_POST[$name] : ''; if ($value !== '' && !preg_match('/[ぁ-ん]/u', $value)) { $result['valid'] = false; $result['reason'] = array($name => 'エラー / この内容は送信できません。'); } return $result; }
Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/0/adaptivestyle/web/medicaresolution/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php:1045) in /home/users/0/adaptivestyle/web/medicaresolution/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 230
どうして組織の行動が鈍るのか? | 株式会社メディケアソリューション
2019年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
Toggle

リーダーシップ

どうして組織の行動が鈍るのか?

ある日のメモ)


どうして組織の行動が鈍るのか?


それはそのチームを構成するトップ、リーダーの「思考・感情」のせい。

その中でもどこに時間がかかっているのか?それは驚くことに「意思決定」である。つまり、まだ“頭の中”に留まっているのだ。
 

これが改善されない理由に、「特にそれで支障がなかったから」ということがある。つまりそのスタイル、スピード感がそのチームでのスタンダードになってしまっているのだ。

できるチーム、リーダーというのは、意思決定・決断というものが、あたかも腱反射かのように即断だ。「いいか、悪いか」「やるか、やらないか」直観的だ。

ここにいたずらに何日、何週間をかけても質の高い結論が出てくるわけではない。むしろ、その時間物ごとが止まっているのだから、組織的には停滞、劣化だ。

そこを補うものが、メンバー間での進捗フォローアップだ。

「あの件てどうなってました?」「あれって、こんな風にしません?」「こんなアイデア思いついちゃいました」

そんなやり取りが、互いの行動に巻きをかけ、良質なものに磨かれていく。(逆に、このコミュニケーションが無いのであれば、アウト)

こんなふうにして、プロジェクトを同時並行で何本も進めていくのだ、、

そんな自分自身の「意思決定」のクセに気づき、スピードを飛躍的に高めるEQコーチングを一緒に学ぶにはこちら↓

「しなやかリーダーシップ・コーチング」セミナー

Return Top