2020年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Toggle

施設づくり

人が辞めない組織をつくるために!―「感情」に着目した経営

少し前に、某有名病院で、今期のボーナスを支給しないとしたことで、何百人もの看護師が一斉退職する、というニュースがありました。

そして、それも止む無し、ということでその辞めた分の求人がかけられたことで、それがまた火に油を注ぐ形になりました。

その後、前言撤回し、「1ヶ月分の」ボーナスを支給することなったらしいですが、もはや時すでに遅し、という感じではないでしょうか。

「やったー!やっぱりこの職場は私たちのことを考えてるな!」ってなりませんもんね笑 
忠誠心というか、職場への気持ちはさらに離れてしまったはずです。


今回タイミングを逃してしまった方や、自分のいるチーム事情をかんがみて踏みとどまった方も、冬のボーナス前後で辞めることを視野に入れているかもしれません。

元々ここはネームバリューがあり、最先端の医療が学べる、と人気はあるものの、比較的短期で辞める者も多く、年間300人前後(!)は入れ替わるらしい。

なのでもしかすると、人を育て定着させるなんて風土ではなかったのかもしれません。

そんなんで良いのか・・・
いや、それでも何とかなってきたし、それである意味都合が良かったところもあるのかもしれません。

特に地方では、医師や看護師の人手不足はますます深刻化しています。

厚労省からは、このような「人材確保に効く事例集」という資料がダウンロードできますが、ここでも触れられていますが、「採用管理」はもちろんなのですが、「定着管理」をどのようにするかが喫緊の課題です。

で、とかく「定着管理」を考える時に、配置がどう、とか、評価制度がどう、とか、教育システムがどう、と考えがちになります。

いや、もちろん大事なんですよ。

しかし、です。これらを整備すればスタッフが動機づけられるか?と言えば、そうでもない、という事実…

だからこそ、今こそスタッフの「内発的動機づけ」、つまり「感情」に着目しなくてはいけないのです!

ところが、ここを大事と考え、仕組み化・取り組み化するところは、本当に少数です。そこが大事、ということに気づいていない、というのが実際かもしれません。

しかもこれは、「ウチでは人を第一に運営していく!」というトップのコミットと号令が欠かせません。

今、貴病院で、採用にかかるコスト、宣伝広報にかかるコストはどのぐらいかかっているのでしょう?

加えて、一人前になるまでに育てる、教育にかかる(金銭的,時間的,労力的)コストはどれ程のものでしょうか?

しかもそれが実を結ばず、みすみす垂れ流してるだけだとしたら・・・

これからは、(ある意味コスト0である)「感情」に着目した経営に取り組んだところが、人を安定定着させ、ということは医療の質を安定させ、満足度を高め、ひいては地域で抜きん出る存在になることは間違いありません。

Return Top