2020年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Toggle

日記

番組「フリースタイルティーチャー」からコーチングを学ぶ!

AbemaTVで毎週火曜日深夜にやっている番組「フリースタイルティーチャー」にどハマりしている。

これはあの人気番組「フリースタイルダンジョン」を引き継ぐ形で始まった番組。当初はさほど期待してなかったのだが笑、毎週観ているうちに、「おお、これは!」とハマっていった次第だ。

分かりやすく言うと、4人の凄腕ラッパーたちが、4人の芸人たちと個別でタッグを組み、独自のトレーニングを受け、1ヶ月後に総当たりのフリースタイルバトルをする、というもの。

よくありがちな、というか育成型ストーリーの番組だ。

先生役は、KEN THE 390DOTAMATKda黒ぶち輪入道

生徒役は、 カミナリ石田たくみ紺野ぶるまゆりあんレトリィバァレイザーラモンRG

まぁこれがもろコーチングのそれで、感じる所が多かったので、動画にしたので、ぜひ観てみてほしい。

結果、1クール目ではKEN THE 390+カミナリたくみペアが優勝したのだが、それはそれは出来は見事だった。

いや、それぞれのティーチャーが、生徒の持ち味やレベルを見極め、急ごしらえをするために、独特の課題を与えたり、自分たちの秘伝の戦い方を伝授していく。どの先生の教え方も特徴的で素晴らしかった。当然、「もっとこうした方がいい」というアドバイスもする。褒めたり、励ましたりもする。

最近だと女子テニスの大坂なおみが全米オープンで優勝したが、新しい日本人トレーナーが話題になっているが、これまでコーチも何度か変えている。現在のコーチはフィテッセ氏。なんと、決勝を戦った相手、アザレンカのかつてのコーチだったそうだ(どおりで、戦い方はすでにお見通しという・・・)。

話しを戻そう。
コーチングの本質は、私は、徹底した「相手の開花」と考える。

どう強みを最大化させるか。どう成長させるか。

そう考えれば、相手を責める、とか、理不尽なことをさせる、とかは論外だ。果たしてそれは、相手の成長に繋がっているのか・・?

現に2クール目に入り、また先生をシャッフルし鍛え直して再挑戦なのだが、前回の結果を受けて、DOTAMA、輪入道は自分の教え方に対して反省しきりで、今回は手法をガラッと変えて臨んできている。この潔い切り替えもまたコーチング的なのだ。出来ないのは生徒に能力が足りないからではなく、自分の教え方が不十分だったのだ、という・・

そういえば、前回など、ゆりあんが輪入道ティーチャーの宿題を守らず3週間すっぽかして現れた時など、その時の輪入道のひきつった苦笑い・・この時のコーチの気持ち、よーく分かる涙 ホントにつらいし、怒鳴りたくもなる。でもそこで、どうするのか。輪入氏はサスガであった。

私たちの業界で言うと、臨床実習生や新人・後輩への指導がまさにこれに当たるかもしれない。

手法はともかくとして、果たして相手の成長を願い、このようなコーチングマインドをもって関わっているだろうか?

私は、コーチングを学ぶ時に書物などから教科書的なことを拾うのではなく、こういった音楽やスポーツの領域から相手をどう育てるか、を観察した方が、学びが莫大なのでは、と考える。

そういった視点から、さぁこの2クール目、皆んながどのように戦い、順位がどう変わっていくのか、目が離せない!

Return Top