2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Toggle

施設づくり

地域介護経営「介護ビジョン」―理念が浸透する介護現場をつくるには?

こんにちは!
福島県いわき市のメディケアソリューション代表、クジラオカです。

実はこの度、日本医療企画様発行の月刊誌、介護ビジョン 12月号に私のインタビュー記事が掲載されました!

今号の第1特集、「思いを伝える―理念が浸透する介護現場をつくる」において、私の経験と考えを述べさせていただいてます。

↑まぁこれが、(あまり多く語られることがないのですが)とてもとても重要な問題でして。

よく「職員がなかなか動かない」「育たない」なんてことを言いますが、それは果たして、事実なのか、と。

実は「動かない」「育たない」ようにしているのは、経営者、幹部なのではないか?

「何をバカな!」「職員の質が下がってるんですよ!」そんなことを言われるかもしれません。

現場は若手に任せ、経営者の役割に徹する

何せ、あなたの思いは、意外なほど伝わっていない、という事実。

いや、その前に、その思いやマインドや理念が明文化され、命が吹き込まれ、共有化されているのか?

それをないがしろにし、本来すべき動きと違うことをしてはいないか。

“外向き”の情報発信力とスタッフへの心づかいが大切

そして、あなたの姿勢やフォーカスはどこへ向かっている?

職員のことを「動機づけ」の観点から関わってる?

それがミスマッチとなり、効果的でなくなってるのです。

それを疎かにし、「あーしなさい、こーしなさい」と言っても、意欲的になったり、積極的に動く訳がない。

職員は常にあなたの一挙手一投足を見、そして何かを感じ取っています。

そして、より組織が発展するための右腕・左腕が育つかどうかは全てあなたにかかっています。

だから今こそ、経営者・幹部・管理職は、このような視点を学ぶべきなのです。 地域で気を吐く、とびっきりの施設にするために!!

今年は、以前にもご紹介しましたONLINE MASTER 9月号においても、「働く幸せと感情 ―なぜ人材が定着しないのか―」というテーマにてインタビュー記事が掲載されましたし、いよいよ混迷を極める昨今、組織運営やマネジメントに関して、発信させて頂く機会を頂けることは、本当にありがたいことです。

ぜひご興味がありましたら、手に取って頂けましたら嬉しいです。

追伸)

それにしても、私の記事はさておき、ですが笑、他の先生方や特集、全国の事例など、この「介護ビジョン」はおそろしく充実している!私にとっても、絶好のインプットの機会となりました。超オススメの専門誌です!!

Return Top