2021年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
Toggle

リーダーシップ

なぜあなたは任せることが出来ないのか?

あちこちのリーダー的ポジションの方で、「人に任せることが苦手だ」という言葉をよく聞く。

任せてしまえば、もっと楽になれるし、他のもっと重要なことに割く時間ができる。自分でも分かってるのに、どうにもそれが出来ない・・・汗

多くの場合、「まだ任せるには早いんで」とか「自分がやった方が早いから、何となく・・」なんて言うかもしれない。果たしてこれは本当だろうか?


いや、自分がやることでプロジェクトの進行が滞りなく、しかも質が高く進んでいるのならまだ良い。

目も当てられないのは、複数案件を抱えることで、次第に滞り始め、組織にもメンバーにも迷惑をかけ始めることである。

・・この場合、どう対処したら良いのだろうか?

こんな時、コーチング的には、その人が持つ真のニーズに探りを入れて行く。


例えば、仕事を抱えていることが、何かその人の重要感を満たしているのかもしれない。自分しかこれは出来ない。忙しい自分、それを担当してる自分に快感情、存在意義すら感じてるかもしれない。

ということは、もしこれを任せて手放してしまったら、自分には仕事が無くなってしまう、自分の存在価値が無くなってしまうのではないか・・だとしたら、それは恐怖(痛み)だろう。


ただ、いつまでこの状態が続くことはチーム運営上、良くない。

自分がやってしまうということは、部下がその仕事を体験したり、成長したりする絶好の機会を逸することになる。いつまでも育たないのだ。

例えそれを囲い込んで自分で上手く早くできる、と言っても、自己満足で終わるし、周りからの承認賞賛どころか、不信を助長することにも繋がる。「どうせあの上司がやるんでしょ」と誰もフォローしようともしないだろう。

この状況を打破するには、まずリーダーは一度その(ちっぽけな)自己承認欲求を脇において、手放す。

そして、バックアップは前提で、思い切って「えいや!」と任せてしまう!

すると、そりゃ仕事の内容にだって寄るが、思いの外出来てたり、不十分であれば、またフィードバックの機会を得られる。何より、任せられたという嬉しさ、そしてそれが出来た時に感じれる喜びはひとしおではないだろうか。この経験こそが一番の学びであり、成長のきっかけとなるのだ。


そうやってチーム全体が主体性が育まれ、活気がある状態と、自分だけが抱え込みセカセカと動き、しかも誰も喜んでない状態とどちらがお望みだろうか??

自分がそのちっぽけな承認欲求を一旦手放すことで、あとでその何倍もの喜びと充実感が返ってくるだろう。

部下や周りに任せるといういい意味での「手抜き」が、チーム運営が好循環になり出すきっかけになるはずだ。

▶︎あなたのチーム運営上の悩み相談をLINEにて受け付けております!↓
https://lin.ee/oDt9g2T

Return Top