2021年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Toggle

コーチング

未来選手が魔裟斗流コーチングで変わった

格闘家の朝倉未来選手のチャンネルでの、元K-1チャンピオン魔裟斗氏との対談が話題だ。

元々、魔裟斗さんの試合解説を聞いていても、とても理論的かつ分かりやすく、納得度がハンパじゃない。とても聞きやすいと感じていた(しかもカッコいい笑)。

GONG格闘技様より引用

未来選手はこれまで、練習もスパーリングしかせず、走りもウェイトもしない。天才的なセンスのみでここまで来たが、「それは勿体ないよ。もっと行けるのに」と、ひとしきり状況を聞きながら、ズバズバと的を得たアドバイスをしていく。未来選手も、自分流のやり方・考え方はあるものの、次々と覆されてしまい、納得せざるを得ない、という様相。。



結果、この動画のタイトルも「魔裟斗さんと対談したら格闘技にかける気持ちが倍増した」ですからね笑

その結果、本気スイッチが入り、魔裟斗さんのアドバイス通りの練習で相当追い込むものの、先日のRIZINメインイベント、クレベル・コイケ戦では敗戦を喫してしまう・・


その4日後、食事をしながら再度対談。

実際に試合中はどんな感じだったのかをひとしきりヒアリング。
前半はまさに聴くに徹して(この時の眼差しが何とも良いのだ)、ひとしきり未来選手に喋って振り返ってもらってる感覚。次第に敗因の根幹を探り当てて行く。

そして、アドバイスはトレーニングの量や睡眠、栄養にまで及ぶ・・

一般的には、コーチングではアドバイスはしない、とされる。しかし、魔裟斗さんの場合、自分の経験を通じて、並外れたノウハウと裏付け、それを伝える力がある。何より、相手が心から教えを乞いたいと求めているからこそ、効果的になる。でないと、これ系の話では、すぐに自慢話や武勇伝、説教に終始してしまうからだ。



この2つの動画から感じた、“魔裟斗流コーチング”のミソは、自身の経験シェアと、「こうしたらこうなるよ」「なぜなら、この理由で」というビジョニングと理由付けが極めて明確だと感じた。すると、相手は心底納得した上で、その教えに従うことになる。

このセッションと言って良いのか、対談での魔裟斗さんのトークが本当に巧みだよな〜と感じ、勉強になったので、シェアさせて頂きました。


あなたの職場での1on1に生かせるかというと、ちょっと違うのかもしれませんが、立場や経験によっては、こういう関わりも絶大な力を生む、という一例をご紹介いたしました^^

メンバー・チームを育てたいなら【CoachEd】

Return Top