2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Toggle

リーダーシップ

リーダーにありがちな“温度差”問題

私が施設支援していく中で、よく聞くなと思った言葉があります。

それは、「温度差がある」です。

私たち管理職と特に一般職との間にいわゆる温度差がある、というのです。

これを聞いて、どう思われますでしょうか?

「そうそう、分かる分かる」でしょうか?

私は、この言葉に非常に違和感があります。

だいたいにして、温度差があって当然ですし、そうじゃなきゃ困る訳です笑

もちろん立場や役割にもよるでしょうが、見ている目線も違う、考えてる未来も違う、抱えてる責任も違う・・

とうてい、それと同じように一般職も考えよ、と言っても難しいのです。

とはいえ、です。

きっとこの「温度差」という言葉(私は使いませんが)、自分との熱量の差、思いの差、意図がよく伝わってない、などの状態のことを差すのでしょう。

だとすれば、それらを伝え、いわゆる「温度差」を埋める作業をどのぐらいしたのでしょうか? 
ということなんです。

おそらく、この辺に関しては、疑問符を付けざるをえません。そんなにはやってないはずなんですよ。

それなのに、やれ「温度差がある・・・」と嘆いてばかりいる。。
ナンセンスですよね?笑

そこで、「温度差」という物言いを止めてみる。

となれば、「理解の差」「思いの差」「熱量の差」と言い換えるしかなくなります。

これらの差を埋めていきたい、ということであれば、それはさらに密な説明であったり、コミュニケーションが必要になるでしょう。そうなると、一気に「自責」の視点に引き寄せることができるのです。

そうか、「温度差」と感じていたものは、彼らの性質云々よりも、まず自分がすべきことはきちんとしたのだろうか?ということか、と。

ぜひですね、とかく「温度差がある」と言いがちになるのは、多くは管理する側になるかと思いますので、一体それは何の差のことを指しているのか? それを埋めるアプローチは十分にしたのだろうか?ということを振り返ってみて下さい。

今回も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

▶︎ぜひあなたのマネジメント上の悩みを聞かせて下さい!(無料ヒアリング実施中)
→info●medicaresolution.jp(●→@へ)

Return Top