2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Toggle

セミナー教材

もう半端にコミュニケーションを学ぶのは止めなさい

コミュニケーションがダメダメリーダーだった私にも出来ました


突然ですが、あなたは今、こんな悩みを抱えてませんか?

・専門職としてやっていく自信がないどうせ、こんな私なんて・・・

・上司や後輩から信頼されていないような気がする。どうせ、こんな僕なんて・・・

・色々と考えると、感情が波立って将来への不安が先だってしまう。どうせ、こんなオレなんて・・・

・正直、仕事へのモチベーションが湧いてこない。どうせ、こんな自分なんて・・・


・・その気持ち、私もよく分かるんです。


こんにちは。
株式会社メディケアソリューションの鯨岡と申します。

福島県を拠点に、全国で研修講演や、高齢者施設のコンサルティング、リーダー向け個別コーチング、執筆などを展開しています。

かく言う私が、かつて老健施設に勤めてた時、部署で上手に采配を振るうことが出来ず、周りの優秀なスタッフからは非難され、もちろん信頼もされず、部署が崩壊してしまったことがあるからです。そんなダメダメ療法士でした。


しかし、そんな私が、時を経て、コミュニケーションに関する本を何冊も出版したり、専門誌で連載したり、全国で講演したり、DVDを出したりしているのです。ちょっと意味が分からなくないですか?(笑)
実はそれには、訳があるのです。


結論から言うと、前述した悩みは、“コミュニケーションを磨くことで”全て解決されます。

みんなコミュニケーションの力に気づいていない

10年前と比較し、この医療業界におけるコミュニケーションに対する認識は格段に上がりました。セミナーも数多くありますし、関連書籍も次々と出版されています。とは言ってもやはり専門職としてのスキル向上が多くの人にとっての一番の関心事ですから、学ぶ優先順位としては何段階も下がってしまいます。

ただ、セミナーに行きさえすれば、資格を取りさえすれば、その人のコミュニケーション力は上がるのでしょうか?答えは「否」ですね。あまりそのような方を見たことがありません。

しかし、一つ言えるのは、本当の意味でのコミュニケーション力を高めれば、専門職としての存在感は抜群に高まる、ということです。皆さんまだこの事実に気づいていません。

実際、私自身、コーチングスキルやコミュニケーションを専門的に学ぶことで、状況を飛躍的に変えることができました。そう、学んで「ひたすら実践」することで、後で体得できるスキルだということです。

“パワー・コミュニケーション”を味方につけ、選ばれる専門職に!

あなたは、相手をやる気にすることが出来てますか?
相手の感情レベルにアプローチ出来ているでしょうか?

えっ、出来ていない?
だとしたら、朗報です(笑)



私自身がもっとも役に立った手法、それは言わば、「動機づけコミュニケーション」です。 分かりやすく言うと、自分を、相手を、ご機嫌にするスキル

実際、現場では、他部署との連携、患者さんとの関わり、部下の育成・・様々なシーンがあるじゃないですか。その都度、通じない、誤解される、逆効果になる、などのトラップが潜んでいます。

しかし、ご機嫌な専門職は、いつだってチームを活性化するのです。


医療系複業家の細川寛将氏は、書籍リハビリ部門管理者のための実践テキストにおいて、「仕事の場面で部下に『エネルギーを配る』ことがマネージャーの役割だと考えています。なぜならエネルギーを配り、『人を行動を促す』こともコミュニケーションの意味に含まれていると考えているからです。」と言っています。つまり、自分がご機嫌で初めて、相手にご機嫌を与えることができる。


想像してみて下さい。患者さんが、上司が、同僚が、後輩が、何より自分が喜んでいる姿を。あなたがみんなから頼りにされている状態を・・


この「ご機嫌」という状態は、実はとても大事で。結局は自分なんです。
そんな特殊スキル=名付けて“パワコミュ!” を、特に迷える若手メディカル職に向けて、もっとお伝えする術がないか、と考えていたんですよね。


新しい学び方、クジラーニング

そこで今回、2枚組CD教材、クジラーニングと題し、その第1弾として、「メディカルのためのパワコミュ!」を作成し、いよいよ発売の運びとなりました!

(構想はかなり以前からあったのですが、制作に時間がかかってしまいました。前回のセミナーDVDから、こうした教材は、実に5年ぶり!!)

Designed by 小松洋介

こちらの内容としては、

DISC 1 (77分)
・イントロダクション
・あなたは何の専門家?
・影響力の輪
・感情の達人になる!
・フォーカスの力
・モチベーションはもう必要ない?!
・「緊張」を飼い慣らす!
・強みを開花させるには?!

DISC 2 (79分)
・「自信」が欲しいなら…
・一歩踏み出すために必要なこと
・そのラベルをはがしてしまえ!
・基準を大幅に引き上げる!
・”アンテナ”が解決してくれる
・上司が認めてくれない・・?
・相手と合わない時の考え方
・もっと相手をパワーアップさせよ!
・今こそ、「伝説」をつくれ
・最終奥義「感謝マインド」

どうでしょうか?
どれも私がセミナーなどを通じてよくテーマにしている内容です。 どれもこの10年にわたり、私自身が数多くの個人セッションや継続サポートを通じて、培ってきたノウハウ、そして思考法です。決して、巷の机上の空論ではありません。

聴けば聴くほどあなたをフツフツとパワーアップさせてくれるでしょう。


講師、トークはもちろん私です(笑) 今回のために全て録りおろしました。

実際、作成して以降、私自身が訪問移動時など何度も何度も聴き返し、手前味噌になりますが、納得の内容。自分自身にかなり勇気づけられました!

あなたが手に出来ることは“たった10コ”しかありません

この教材を繰り返し聴きこみ、実践することで、きっとあなたはこれらの変化を手にすることでしょう。

  • 「よし、やろう!」と勇気がムラムラ湧いてくる
  • モチベーションや感情の浮き沈みが気にならなくなる
  • 「今度これをやってみよう」と新しいアイデアが湧く
  • 人間関係で、心の中に余裕が出てくる
  • 人との関わり方が変わってくる
  • 自分の中で新しい目標が思い立つ
  • これからの専門職としての指針が決まってくる
  • 何か新しい挑戦をしたくなる
  • 相手を元気にすることが好きになる
  • 「最近、何か良いことあった?」と言われる(笑)


何より、繰り返し繰り返し、隙間時間を活用して学べるのが、こういった音声学習(クジラーニング)の利点です。私自身、かなり以前から、このような音声学習を続けてきました。訪問や通勤での移動時・・・何本のソフトを持っているか分かりません。

人はどうしても忘却曲線というものがありますが、忘れる前に聴くことで、記憶として定着し、やがて血や肉に変わっていくのです。

面白いのは、レクチャー内容以外のひらめきが次々と起こることですね!

ぜひ、ここで体得したコミュニケーション×あなたの専門職としてのスキルの融合をはかってみて下さい!!

きっとお高いんでしょう・・?

給料もなかなか上がりづらい昨今、お財布の紐も硬くなりがちで、学習に充てる費用の捻出も躊躇する、と聞きます。それも無理はありません。
しかし近年、ウェブを活用したセミナーなど、学ぶスタイルもだいぶ変わってきています。私は、将来有望な若手メディカルのあなたが手に取りやすく、また、何度も何度も繰り返し学ぶためには、このような音声プログラムが最適だと考えています。

今回は伝えたいことばかりで、欲張ってCD2枚組、それも両方合わせて約160分(2時間40分)と限界まで収録しました。(ちなみに私は、この時間数の個別セッションですと、30,000円を頂戴しております。でもこれだとちょっと考えてしまいますよね・・汗)


そこで、今回は思い切って4,000円(税,送料別)とさせて頂きました!ほとんど今の飲み会、飲み放題込みのお値段です。ほんの付き合い、惰性で行く飲み会を1回キャンセルすればいいのです。しかも、聴けば聴くほど、受講の費用は限りなく安くなる計算です。ぜひ聴きまくって、元を取って下さい!

もちろん保障いたします

もし、この教材を聴いて、どうしても納得いかない。実際に取り組んでみたけど、変化が出ない。そんな場合は、何なりとご連絡ください。返金対応させて頂きます。

これでもう準備は出来ましたね?
自分も相手も動機づけるパワー・コミュニケーションを身に付けて、状況を改善したいとお考えの方は、今すぐにクリックして、申し込んでください。お待ちしております!

推薦の声

杉浦良介 様 @RihaWolfnet
(2年で300記事書いたサイト「リハウルフ」管理者|全国の訪問リハを繋ぐサロン「リハコネ」代表|理学療法士)

今、あなたは医療職として働いていて悩みがありますか?
今、あなたは医療職として将来不安を抱えていますか?
今、あなたは医療職として変わりたいと思っていますか?

そんなあなたに是非、手にとって聴いて欲しい。 それは「クジラーニング」です。


皆さんは、鯨岡栄一郎先生(以下、クジラ先生)の書籍「療法士が変わるときに手にする本」をもう読まれましたでしょうか?

私はクジラ先生考案の「コミュニケーションスキル100」を1つひとつ実践することで、約1年という短い期間で急激に成長することができました。

わずかな期間の中で、自称日本一の訪問リハブロガーになり、訪問リハのオンラインサロンの代表になり、全国でセミナーも主宰でき、Twitterのフォロワーが2000人を超えることができました。

普段の職場の業務でもこの書籍で学んだコミュニケーションを実践することで、他職種連携や事業所内連携等も円滑に行えるようになりました。

もし、クジラ先生の書籍をまだ読まれていない方がおられましたら、療法士でなくても全医療介護現場で働く方々には読んでいただきたいです。


そして、
そんな私を変えてくれたクジラ先生の最新作「クジラーニング」の発売となりました。クジラ先生!発売おめでとうございます!

私は皆さんより先に最新のクジラ先生の声を聴かせていただき、今、成長という波に乗りはじめております。成長したい方は是非、聴いていただきたいです。


Vol.1のラインナップは、アイデンティティー、影響、感情、フォーカス、モチベーション、緊張、強み…となっております。

私のはじめの感想は、「ん〜、声が良い!」(笑) やっぱり、クジラ先生の声は素敵です!


そして、このクジラーニングでは、いくつもの「パワーワード」が出現します。

その中で特に私がビビッときたパワーワードを紹介したいと思います。

・肩書きから〇〇する、〇〇する!
・チーム内で〇〇は伝染する!
・自分で自分を〇〇にしていくテクニック!
・大きな成果を出したいなら〇〇にフォーカスしていく!
・〇〇は関係ない。結果的にモチベーションは高まる!
・緊張を〇〇として楽しもう!
・強みは〇〇では分からない!


私はVol.1だけで50以上のパワーワードを見つけることができました。

何度も聴くことであなた自身のパワーになることは間違いありません。

この「クジラーニング」をやる気が出ない時や出勤中に聴くことでその日のあなたの行動や言動が変わり、その後のあなたの進む道が確実に変わると思います。

一度聴いて行動し、もう一度聴き行動することでさらに成長します。


私は、明日から「頑張りたい!」「変わりたい!」若手医療介護職の皆さんにこの「クジラーニング」を聴くことを強くお勧めいたします。

中山陽平 様 @circlehippo
(有限会社わくわく 代表取締役|マインドフルネス・コーチ|理学療法士)

私が初めてクジラオカ先生を知ったのはSNSでした。みなさんご存じの通り?その風貌からちょっと怖そうな人というのが第一印象でした。(笑)

そんなクジラ先生がなんだか気になって、発信を追っていました。するとその発信される内容はいつも私の人生の行き詰まりをその時々にいるも解消する手助けとなってくれたのです。


そうして、今年、1度直接お会いする機会がありありました。その時に確信したことをこっそりお伝えします。それは、クジラ先生は遠慮なく価値のある話をしてしまう人物だという事です。

今回皆さまより一足先に音源を聞かせてもらったのですが、結論から言うとこの音源も同様でした。


『自信が欲しい、行動力が欲しい、前向きになりたい、認められたい』

そんな気持ちに対して必要な『具体的な考え・方法、成功につながる人としての姿勢』 を示してくれます。


内容に関して言えばクジラオカ先生の実際の体験と知識を織り交ぜてくれてあるので、普段の私たちの直面する場面を想像せずにはいられないはずです。


私も聞きながら、これまで担当した利用者さんやスタッフとの摩擦を思い出し、当時こうやったらもっとうまくいったのかなと当時の失敗を思い出しました。

もっと早くクジラ先生が用意してくれていたら…(泣)

「もっと早く知ることができていたらなぁ」と思う一方で、今の自分の人生にとっても大事なことがたくさん込められています。

それは『現状の困難さにあきらめず、自分の人生を切り開こうとする姿勢』です。そのあたりが特に表れているのが8番のエンパワメントの項です。勝手にこんな事いうと怒られちゃうかもしれませんが、みなさんぜひ一番先に8番を聞いてみてください(笑)

8番には、なぜこんなにもクジラオカ先生がコメディカルに向けて人生のヒントを配信しつづけるのかという『人としての姿勢』を感じることができます。


私たちが、自分の力で人生を切り開こうとするのであればクジラオカ先生は必ず応援してくれます。

杉浦先生、中山先生、あたたかいメッセージ誠にありがとうございます!(泣)

(このお2人は、書籍コミュニケーションを止めるな!でも共に執筆した、私が心から信頼する実践家の方たちです。)

追伸

今回、初回のプレスは「100セット」限定となっております。以前からお世話になっている方たちを優先にお知らせするため、すぐに無くなることが予想されます。追加プレスにかけるかどうかも未定です。ですので、申し訳ありませんが、レクチャー内容を実践して下さる方以外のお申込みはご遠慮ください

Return Top